今年も寒い冬になりそうですが、去年と明らかに違うのは
体が軽くなって、足先の冷えも緩和されている気がする点です。

去年の今頃は、布団に入っても足先が冷たくて、なかなか寝付けないことがあったのですが
今年の冬はなぜか、足先が冷えなくなりました。

他に体質が変わるようなきっかけが思い浮かばないので
これも5:2ダイエットのおかげだとしたら、すごいことだなあと思っています。

今日は「週2日ゆる断食ダイエット」はどんな本なのか?
出来る範囲でご紹介したいと思います。

先日、幻冬舎さんから本が届きました。

null


null


そして早速気になる中身ですが、最初の章は主に
BBCホライズンで放映されたモズレー博士のドキュメンタリーの内容が綴られています。


null



これは断続的な断食が、体にどんな効果をもたらすか(それもほとんどが良い効果)について
科学的に立証しながら説明していく、というもので
個人的に一番興味深く、面白いと感じた章です。

もし今「5:2ダイエットに興味はあるけど、ゆるいとは言え断食なんて続くだろうか?」と
不安を持っていらっしゃる方がいたら、この第一章を読んでみてほしいと思います。


null



週2日のゆる断食が、将来の自分にとってどんな恩恵をもたらすかを知れば、
ムクムクとやる気が湧いてくること請け合いです。

さらに具体的な週2日ゆる断食、5:2ダイエットのやり方の章に続き、
やっぱりあると助かる「断食日のメニュー」も掲載されています。


null



ここには5:2ダイエットをするにあたって必要な、はかり、テフロンフライパンなどの
調理器具の説明から、食べるべきもの・食べるべきでないものなどが
分かりやすくリストアップされています。

個人的には、食材の重さはパックの表示でもある程度分かるので、
はかりは無くても何とかなると思いますが、
油を引かずに使えるフライパンは無いと厳しいだろうと思います。

さてそして日本版ならではの嬉しい付録
料理研究家の岩木みさきさん考案の「日本人のための断食日レシピ」です。


null


ここではGI値の低い発芽玄米を使ったレシピも紹介されていますので
断食日にお米を食べたいときには、このレシピが参考になると思います。

ただし発芽玄米は好き嫌いもあったり、調理時間がかかるのに加えて
食べ慣れない方の場合、便秘や胃痛の元になることもありえる食材なので
(白米に比べて消化が悪いため)
胃腸の弱い方は、少し様子を見た方がいいかもしれません。

ここは私の場合はやっぱり調理も楽で、便秘にもなりづらいソイドルの方が
発芽玄米より良いかなと思っています。

さてそして最終章は「体験者たちの声」です。


null



イギリスの体験者たちの声を訳した内容がズラリと列記されていて
自分と同じようなケースの人の話は、かなり参考になると思います。

全体としてとても真面目で、何年先でも思い立ったときに読み返したくなる内容でした。

ざっと見ると文章量は多いのですが、基本的には

・5:2ダイエットのやり方
・断食日のレシピ


この2つを読めば、すぐに5:2ダイエットが始められるようになっていますので
理論はともかく、まずはやってみたい、痩せたい、
という方にも使いやすい構成
になっています。

というわけで、現在当サイトではこの「週2日ゆる断食ダイエット」が抽選で5名様に当たる
アンケート企画を行っています。

新しい年から心機一転、5:2ダイエットにチャレンジしたいという方、
もしくはすでに始めているけれど、書籍はまだ読んでいないという方は
ぜひこの機会にご応募ください!

今のところまだ、まあまあ当たるチャンスは高いと思いますよ^^

(プレゼント企画は終了いたしました)

【急募】エーザイの美チョコラ7日間分を無料でお試しください

エイジングが気になる世代の女性向けとして、エーザイが新しいエイジングケアサプリを開発。これを記念して、7日間分(21粒)を無料でお試しの後、アンケートに回答して下さるモニターを募集しています。

もしあなたが

30歳以上の女性

で、コラーゲンサプリに興味ある方なら、今すぐモニターにご参加いただけます。

詳細・お申し込みは>> 『美チョコラ』無料モニター募集